スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「殺意」に耳を傾ける

よく、

自分の「価値観」も「正しさ」も「感性」も「目標」も、何もかも分からなくなってしまい、戸惑うだけの毎日を過ごしてしまい、でもなんとなくそれが嫌だ。でも何をもって「嫌だ」と言っているのかもよく分からない……


みたいなグチャグチャな状態に陥る事に見覚えがある人はいないでしょうか?


僕はこのような状態のことを「身体がどこにあるのか分からない」と称することが多いのですが、こういう時は、決まって何かと肯定できるものが少なくなってしまいます。


自分の「want to」の感覚も信じられなくなりますし、他人の気持ちを推測することもできなくなります。


なぜこういった「無感覚」な状態に陥るのかといえば、言ってしまうと「『自分』を認めていない」状態が続いてしまったからです。


では、こういう状態に何をすべきかといえば、一つの方法として僕は、


「殺意」に耳を傾ける


といったやり方を推奨します。


少しおどろおどろしい言い方になってしまいましたが、どういうことかと言うと、まず、コーチング的な観点から言えば、人生の中では「want to」のことだけをやるべきです。しかし、こういう風に「無感覚」で「身体がどこにあるのか分からない」状態に陥っている人からしてみれば、


「want to」なんて分からない



というのが本音だと思います。僕自身、しょっちゅうこういう状態に陥っていて、その度に「want to」なんて分からないと思っていましたし、それが悔しくて仕方がなかったのです。(そういった経験を思い出しながらブログを書いたりしています。)


さて、「want to」が分からないのであれば、どうするべきか?ここで「殺意」がキーワードとなってきます。


「無感覚」状態では、肯定できるものが少なくなります。しかし、「肯定できるものが少ない」と言う事は、「否定したいものが多い」とも解釈できます。そして何よりも、静かな「殺意」が湧いてきているはずです。ここで大事なのが、


「殺意」を通じて己の「want to」を知る



ということです。


もちろん、「人を殺してもいい」などと言っているわけではありません。しかし、「殺意」だってあなたの「want to」の一部であるはずなのです。「殺意」を感じると言う事は、それだけ何かしら「許せない」と感じているものがあり、それこそがあなたの「want to」の一つであり、「ゴール」に繋がるサインとなります。


僕は、自分の中の「殺意」が生じたのであれば、それを一旦自分で認め、自分の「本音」や「want to」を捉え直すような事をよく行います。


もし、「無感覚」で「身体がどこにあるのか分からない」といった感覚に悩まされているのであれば、こういった方法を試してみるのはいかがでしょうか?


きっとその先に自分の「want to」が見えるはずです。



今回はこんなところです。


ではまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生駒 翼

Author:生駒 翼
ICU(国際基督教大学)に通っている都内の学生です。
人の悩み、思想、感性などについて、日々生駒が考え、向き合っていることを、書いていくブログです。
Youtubeに動画も投稿しています。
https://t.co/MqQdAtgvH2
連絡先……tsubasaikoma0☆gmail.com
(☆を@に変えてください。スパム対策です)
Twitter……@Tomo_Haneda02

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。