スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「無知」を責める言葉遣いを止めてみること

「無知の知」というものについて、以前から考えていることがあります。


海外ではどうなっているのかは分からないのですが、日本の中にはこの「無知」と言う事柄について過度に否定的に捉えようとする風潮があるような気がします。


例えば、


「恥ずかしながら、知らない」、「無知は罪である」


といったセリフを何度か耳にしたことがある人も多いと思います。


本人は、社交辞令の一つとしてこういったことを言っているのかもしれませんが、僕は、


こういった「無知」を責めるような言い方は、止めた方がいい


と、強く感じています。


そもそも、「無知」という事象そのものには、善いも悪いもありません。


他人が当たり前のように知っていることを、自分が知らないことがあるのは当たり前ですし、それこそ全知全能の神にでもなれない限りは「無知」がなくなることはありえません。


よく言われるソクラテスの「無知の知」は、「『無知』であることへの自覚」と言う姿勢を評価しているものであり、「無知」そのものに対して善し悪しをつけているわけでは無いです。(少なくとも僕はそう捉えています。)


「無知の知」という概念の捉え方は人それぞれなので、ここではその解釈についてこれ以上掘り下げるつもりは無いのですが、


「無知」=「悪しきもの」


と捉え、否定的なセルフトークを働かせることで個人のパフォーマンスを下げてしまうのは非常に勿体無いと思うのです。


日本人が感じる「無知」に対する後ろめたさの原因一つに、


「他人に迷惑をかけてはいけません」


といった躾、教育の仕方があると思います。つまり、


「(知らぬ間に)他人に迷惑をかけていないか?」


といった発想から生まれる「無知」への恐怖心です。


確かに、相手の事情、文化などを知らないことで知らぬ間に他人を傷付けてしまうことはありますし、僕自信、日本で物質的に豊かな生活を送り、消費をしていると、「知らぬ間に自分は搾取に加担していないだろうか?」と考えることはあるため、「無知」を放置することをあまり良いとは思っていません。しかし、それならば尚の事、


「無知」と喜んで対峙する


位の気概と無邪気さを抱いてい良いのだと、僕は言いたい。なぜなら、


「『無知』を責める人」





「『無知』を喜ぶ人」


とでは、後者の方がより「知ろう」とする姿勢を持つことができるからです。


コーチングの観点から捉えると、「知ろう」と言う欲求に関して、前者の姿勢は恐怖からくる「have to」を生み出し、後者の姿勢は知的好奇心からくる前向きな「want to」を生み出します。


「want to」の方が生産性が高いのであれば、わざわざ「無知」を卑下するような言い方をして自ら恐怖を植え付けてしまうのはするのは勿体無いです。


僕自身、ここ最近「無知」に気付かされる事が本当に多いです。


でもその度に、


「『無知』に気付き、学び続ける俺はすごい!!!」



と自分に語りかけています(笑)


その方が、結果的に多くのことを知り、謙虚にもなれると思っているからです。


自分の想像する以上に、自分に語りかけている「言葉」は僕達の人格を作り上げています。


僕が今回この記事を書いたのは、ひょっとしたら「当たり前」とすらも認識されていない日本に蔓延する「無知」と言うものへの否定的な見方を、まずは疑問として取り上げたかったからです。


取り上げてみた上で、個々の視点が変わるきっかけになったら良いなと思っています。


以上です。一ヶ月ぶりくらいにブログを書いたので、少し書くのに骨が折れました(笑)


それでは!


生駒 翼 Twitterアカウント

生駒 翼 Youtubeチャンネル


立ち読みしなさい!~美しいほどシンプルな成功術(ありがとう出版発行)立ち読みしなさい!~美しいほどシンプルな成功術(ありがとう出版発行)
(2013/10/10)
苫米地 英人

商品詳細を見る



コンフォートゾーンの作り方コンフォートゾーンの作り方
(2014/08/29)
苫米地英人

商品詳細を見る
スポンサーサイト
プロフィール

生駒 翼

Author:生駒 翼
ICU(国際基督教大学)に通っている都内の学生です。
人の悩み、思想、感性などについて、日々生駒が考え、向き合っていることを、書いていくブログです。
Youtubeに動画も投稿しています。
https://t.co/MqQdAtgvH2
連絡先……tsubasaikoma0☆gmail.com
(☆を@に変えてください。スパム対策です)
Twitter……@Tomo_Haneda02

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。