スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICU祭~「楽しむ」ことを、自分に許してあげよう~

一昨日、学祭が終わり、そこでバンド演奏をしてきたのですが、そこで色々考えていたことを、FBにツラツラと書いたので、こちらにも若干編集して載せます。以下本文。



<ライブの様子>
Ark.jpg



ICU祭も終わり、Arkの初ライブも無事終了しました。


少しだけ、僕自身の内面的な部分を振り返って書かせて頂こうと思います。


今回のライブなのですが、僕自身、メンバーの中では一番音楽経験が浅いのもあり、技術的な面でもがいた部分もありますが、


それ以上に、最後まで僕の前に立ち塞がり続けた壁が一つあり、それが、


「『楽しむ』ことを、自分に許す」


こととの戦いでした。


以前にもFBに書いたのですが、バンドをやっているなんてこと、かつての僕からしたら絶対にありえないことですし、昔の僕が今の僕を見たら確実に殺意が沸くはずです。


なぜなら、そんなこと、自分がやるなんてこと、


「許してはいけない」


と、思っていたからです。


心の何処かで常に


「楽しい」


という理由だけで、何かをすることを、果たして自分に許していいのか?


「お前はそんなことをしてのうのうと『生きる』ことを許せるのか?」


……そういった自分を責めるような声が、僕の頭の中で響いていたような気がします。


ここで、こういう話にまるでピンと来ない人はたくさんいると思います。


「そもそも、バンド(音楽)なんて『楽しい』からやるもんじゃん?」



と、通常は考えるものですし、そういう人達にはそもそも「許す」という発想がないかも知れません。


それは、とても良い事ですし、僕もそういう「楽しい」という理由だけで自由に行動ができる「社会」の実現を望むし、目指しています。


ただ、現状、中には「楽しい」という理由だけで、何かをすることができない人がたくさんいます。


苫米地英人さんの本など読むと書いてあるのですが、例え、ハーバードビジネススクールの研究から、「want to」の行動の方が「have to」の行動よりも、生産性が何十倍も上がるというお墨付きの研究結果があると分かっていても、


なぜか、


「楽しむ」ことに対して、底知れぬ罪悪感を抱く人


というのは、たくさん存在します。


僕もその一人です。


8年以上自己啓発本などを読み漁り、コーチングも学び、考え続けて理論もほとんど完璧に理解しながらも、ずっと悩んできたのも、この「楽しむ」ということを、自分に許せなかったのが、最も大きな原因の一つです。


そうなった経緯みたいなものは、話すと長くなってしまいますので、今回は割愛しますが、ともかく、今回ICU祭に向けて色々と覚悟を決め、練習を積み重ねていく中で、それでも最後まで僕が葛藤し続けたことが、この、「『楽しむ』ことを、自分に許す」ということでした。


僕が、純粋に「楽しむ」こと、つまり、「音楽(音を楽しむ)」ができていないことに気付いたのは、同じArkのメンバーからのとある一言でした。


その日、本番まで一ヶ月を切っていて、多少の焦りもある中、スタジオで練習した後に、メンバーから、こう言われました。


「お前、なんだか暗いんだよな」


と。


明るい曲調の歌を歌ったり、演奏しているはずなのに、その歌い方であったり、身体の動かし方、表情の作り方が、どこかぎこちなくて、暗い。


「演奏する側が本当に『楽しんで』やらないとさ、来てくれるお客さん達を『楽しませる』ことなんてできないよ」



といったことを、直接的にか関節的にか言われ、そこから本格的に自分の「暗さ」に向き合うようになった気がします。


もちろん、「暗い」音楽だって、ありですし、僕もどちらかといえばそういう「暗い」音楽が好きです。


けれども、今回僕がライブを行う場所は、ICU祭。


つまり、「お祭(フェスティバル)」という空間です。


その中で演奏をする上では「盛り上げる」ということが必要条件となりますし、その事を覚悟した上で、ICU祭に出ると僕は決めたはずです。


だから、どう足掻いても、「暗い」だけでいけないし、「楽しむ」ということと向き合わなければいけなくなったんです。


恥ずかしながら、「楽しむ」にはどうすれば良いのかを考えたり、または「考える」のを禁じたりする中で、何回も一人で泣いていました。


「畜生……なんで、まだ自分を『許す』ことができないんだよ」


と、自問自答し続け、夢の中にも何回か出てきました。


ただ、ある時、その事を友達(メンバー)に泣きながら、


「なんで、みんなそんなに『楽しむ』ことを自分に許せるのか……『生きる』ことを自分に許せるのかが……分からない」


と、打ち明けたら、そこでようやくお互いに理解し合えたような感じがしました。


そして、今回のICU祭では、「楽しむ」というより、


「『楽しむ』ことへの決意」


として、僕(生駒 翼)はやっていくと、お互いに納得し、そこでようやく前に進めた気がします。


本番当日でも、特にアジカンの『リライト』や和田光司(デジモン)の『Butter-Fly』はそういった気持ちを込めて歌うようにしました。


反省すべき点は多々あるとしても、本当に、今年のICU祭は「楽しかった」と言えます。


Arkとしての自分達の演奏もそうですし、ICUの友達の色んなパフォーマンスを見るのが、楽しかった。


祭なんて、毎年「中心」から外れていることへの「センチメンタル」や「嫉妬」を味わうイベントだったのにね(笑)


まだ、


「『楽しむ』ことで、『明るい』方へ向かう事で、『誰か』が傷付くのではないか」


といった感じる必要の無い「不安」が頭を横切ることもあるのですが(笑)


ようやくスタートラインに立つ事が出来たし、ここから大きく前進することができる気がします。


とりあえず、友達にも言われたのですが、純粋にギターを好き勝手に弾くことで、楽しもうと思います。


今まで、一年位はずっと、「あれをしなきゃ、これができるようにならなきゃ」と、周りの格上のメンバー追いついていくので精一杯だったので。


本当に、僕の事を助けてくれた色んな人に感謝をしているのですが、それを素直に表現できるようになるには、もう少し先のことかなと思います(笑)


まだ、ここから始めるので。


ちなみに、今回のICU祭のライブの様子はビデオに撮影しているので、後でYouTubeにあげて公開する予定です。


これでもかなり話題を絞って書いたのですが、ものすごく長くなってしまいましたね(笑)


けれども、最後に一言だけ言わせてください。


それは、


「『楽しむ』ことを、自分に許そう」


ということです。この記事のタイトルですね(笑)


あなたが「やりたいこと」をあなたがやっていいのだし、それをあなたがすることは、全く、悪いことではありません。


「やりたい」「楽しい」と感じたのなら、どうかその自分の心に自分を従わせてあげてください。


自分を、裏切らないであげて下さい。


……以上です。


最後まで読んで頂きまして、本当にありがとうございました!


これからも、ブログ、Twitter、FB、YouTubeなどで、伝えたいことを「表現」していきますが、


今年のICU祭に関しては、一先ずこれにて終了です。(また振り返るかもしれませんが笑)


次なる大きなイベントとしては、やはり今選考真っ最中の「留学」とか、それに伴う「親」との関係についての話ですかね。


それでは!


感想、質問など頂けるととても嬉しいです。

連絡先 tsubasaikoma0@gmail.com

生駒 翼 Twitterアカウント

生駒 翼 Youtubeチャンネル


立ち読みしなさい!~美しいほどシンプルな成功術(ありがとう出版発行)立ち読みしなさい!~美しいほどシンプルな成功術(ありがとう出版発行)
(2013/10/10)
苫米地 英人

商品詳細を見る



コンフォートゾーンの作り方【聴くだけで目標達成できる!CD付】~図解TPIEプログラム~コンフォートゾーンの作り方【聴くだけで目標達成できる!CD付】~図解TPIEプログラム~
(2010/08/23)
苫米地英人

商品詳細を見る
スポンサーサイト

10月14日にFBに書いた記事を、こちらにも移します。以下本文






今朝、TOEFLの結果に関する動画の中でも話していたのですが、


「良くないテストの結果との向き合い方」


と言う動画を撮りました。


なぜこの動画を取ることになったのか?それは、


言語学の中間テストが最悪だったからです(笑) 
 
 
A,B,C,D,Eの五段階でEでしたし、このままだと単位を落とします。 


正直ヤバイです。


それに、前学期はこの発展の授業を乗り越えたはずなのに、その上言語学をメジャーにしようとしている身としては、


かなり、悔しいものがあります。


前学期本当に丁寧に教えてくれた言語学の先輩方に、顔向けできない……


と、いった感情はあるにしろ、こういったことは残念ながら僕の人生においてはよくあったことです。


テストというのが、何よりも嫌い……というか恐怖の塊でしたし、一番酷かった時期はテスト中に泣き出したり、結果を見てハサミで自分を傷付けたりしていました。


言うならば、テストの結果が悪い時の「ツラサ」というものを、誰よりも経験してきているのです。


しかし、「ツラサ」を経験してきていると同時に、僕はその「乗り越え方」も熟知しています。


人によってはこんな動画、全く必要ないものだと思います。


ただ、「ツライ」人にとっては本当に辛いものだし、少しでもそういう人達の助けになるのであれば、


公開する価値がある


と、強く思うのです。


反応してくれた人は、見て、参考にしていただけると、僕自身も勇気付けられますし、嬉しいです!


感想や質問なども、お待ちしております!


それでは!


良くないテストの結果との向き合い方① ~概要説明~



良くないテストの結果との向き合い方② ~テストの結果と、あなたの本質的な価値は無関係~




良くないテストの結果との向き合い方③ ~テストは他人との競争ではない~




良くないテストの結果の結果との向き合い方④ ~テストの結果はデータしかない~



良くないテストの結果との向き合い方⑤ ~「できない」ことは、恥ずかしいことではない。~



良くないテストの結果との向き合い方⑥ ~他人を頼っていい~



良くないテストの結果との向き合い方⑦ ~悔しいのは、自分を信じている証拠~

TOEFLの結果〜最後までやり抜く〜

10月14日にFBに書いた記事をこちらにも移します。あれからもう一度TOEFLを受けて、今はその結果待ちです。以下本文








10日前に受けたTOEFLのスコアがオンラインで出ました。


結果は76点、以前よりも一点下がってしまいました。


FBにも書いた通り、やはりライティングが足を引っ張ってしまい、 以前よりも5点も下がってしまっていました。


この結果を受けて、どう感じるか?


正直とても悔しいです。


けれども、動画でも述べていて、伝えたいことが一つあって、それは、


僕はまだ諦めていない


ということです。


昨日応募書類を提出しましたが、まだ選考に選ばれる確率は、少ないながらも残っています。


少しでも可能性があるのなら、僕は最後まで遣り抜きます。


詳しくは動画にて!



これから国際教育交流グループに行き、今後の動向について相談しに行こうと思っています。


それでは!


P.S. 動画で述べているのですが、「良くないテストの結果との向き合い方」という動画も別に昨日撮っています。また、半分がデータが吹っ飛んでしまったのですが(笑)「親との関係」についての動画も、アップロードをしていて、後は「公開」するだけなのですが、両方とももうしばらくお待ちください!

「こんなことを、言ってもいいのだろうか?」と迷うとしても

日常を生きていて、色んな事を思いつく中で、


「こんなことを、果たして言っていいのだろうか?」


と迷うことっておそらく多くの人がたくさん経験してきていると思うんですよね。


僕も、ブログやFBを書いたり、Youtubeで動画を撮る時も、毎回、


「この事を、書いても(話しても)いいのだろうか?」


と、ちょっとした内面の葛藤が出てきます。


この記事そのものだって、割と「書くべきか」と少し迷いました。


けれども、書く事にしました。


なぜそんなことをするのか?


それは、僕がこれを書く事によって、


「誰かが少し救われる」


と、思っているからです。


どういうことかと言うと、同じように、「言ってもいいのだろうか?」と迷う人に、


「それはやって良いことなんだ」


と、僕が言うことで、後押しすることができると信じているのです。


コーチング理論などを知っていても、なかなか思うように「成功」できない最大の要因の一つとして、


「やりたいこと(want to)を、自分なんかがやっても良いのだろうか?」


と、意識的にしよ、無意識的にせよ、


自分を責めてしまう


ことがあると僕は思っています。


そういった、自分が幸せになることへの


「罪悪感」


のようなものを、いかに乗り越え、


自分を許してあげられるか


ここに、突破口があると僕は確信しています。


だから、僕自身、色んなことを「やりたい」と思う気持ちを、自分に積極的に許すようにしています。


コーチング理論を扱えている今、僕(生駒 翼)自身、前に進むためのアイディアであったりエネルギーのようなものが、


日々、自分でも信じ難い程溢れ出てきています。


そういった流れに逆らわず、どんどん自分を前に進ませてあげる。


この事を、僕は自分に強く言い聞かせています。


そうやって、僕(生駒 翼)が前に進むことによって、


同じように、今まで「罪悪感」と戦ってきた人に勇気も与えられるのだと、


自分で勝手に信じています。


言いたいことを、言う。


書きたいことを、書く。


やりたいことを、「やりたい」と思う。


こういった思いを抱くのは、決して悪いことではないですよ。


僕自身、言いたいこと、書きたいこと、


「表現したい」


ことが、たくさんあります。


僕は、これからも、このブログやYoutubeなどを通じて、それをやることを自分に許していき、


周りの人にも、


「許していいんだ」


という事を、伝えていきたいなと、思っています。


今日はこの辺にしておきますね。最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!


それでは!


生駒 翼 Twitterアカウント


生駒 翼 Youtubeチャンネル


tsubasaikoma0@gmail.com

日本人の平均読書量

「読書」に関して、


文化庁による『平成25年度「国語に関する世論調査」の結果の概要』によると、一ヶ月の日本人の読書量の調査に関して、


「読まない」の割合が47.5%


「1, 2冊」の割合が34.5%


「3, 4冊」の割合が10.9%


「5, 6冊」の割合が3.4%


「7冊以上」が3.6%


という結果が出ているようです。


また、一月万冊の清水 有高さんの調べによると、官僚の読書量は、「多い人で月間50冊程、少なくとも数冊〜10冊ほど」らしいです。


つまり、月に一冊でも本を読んでいれば、日本人の平均読書量を上回ることになりますし、


3冊以上読めば、日本人全体の上位約10%


に入る事になり、読書量で言えば、十分情報強者となれるのです。


ちなみに僕の現在の月平均読書冊数は、約4,5冊といったところです。(正確に測ったことはないのですが)


身の回りに、月に100冊本を読んでいる友人がいたり、先ほど名前をあげた清水有高さんのように、月に1,500〜3,000冊の本を読む化物みたいな方(笑)もいるので、


「僕もまだまだだなぁ……もっともっとたくさん本を読むぞ!」


といった気分になることもありますが、


冷静に考えてみれば、僕だって日本国民の上位5%位には入っています(笑)


何が言いたいのと言えば、繰り返しになりますが、日本でいわゆる「情報強者」になることは、月に3冊本を読む程度のちょっとした努力をすれば、簡単になれますし、


月に一冊本を読むだけでも、十分「読書をしている」


と言えるんです。


読書は「冊数」よりも「時間」の方が大切なのですが、その事に関してはいずれまた機会があれば書いたりするかもしれません。


ともあれ、こういった情報をもとに、「読書」というものについて、ちょっと考えてみるのもおもしろいかもしれませんね(OvO)


それでは!


感想など、いつでもお待ちしております!


〈参考文献〉


平成25年度「国語に関する世論調査」の結果の概要

政府と渡り合える読書量とは? 福沢諭吉 学問のすゝめ 一月万冊


連絡先
tsubasaikoma0@gmail,com

生駒 翼 Twitterアカウント

生駒 翼 Youtubeチャンネル
プロフィール

生駒 翼

Author:生駒 翼
ICU(国際基督教大学)に通っている都内の学生です。
人の悩み、思想、感性などについて、日々生駒が考え、向き合っていることを、書いていくブログです。
Youtubeに動画も投稿しています。
https://t.co/MqQdAtgvH2
連絡先……tsubasaikoma0☆gmail.com
(☆を@に変えてください。スパム対策です)
Twitter……@Tomo_Haneda02

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。